2017年3月30日木曜日

柏市”3大くびれ”を測ってみる!【柏のカタチの不思議】

<ご注意:今回は(も)お馬鹿ネタです~ご笑納下さい^^;>


 柏の地図をじっくり眺めておりますと”何でこんなカタチになった???”って所が多々ございまして、
中でも目を引くのが市境の”くびれ”でございます

「何いってんだ?コイツ?」とブラウザの戻るボタンを押すのはちょっとまっておくんなまし^^;
いわゆる境界線マニアにとって、この”くびれ”ってのは非常に魅力的でございまして、うまくいくと数十歩歩いただけで2回も違う市境が跨げるっていう盆と正月が一緒に来たようなポイントなんでございます。

市境だから、皆様「ばかだねぇ~」とかおっしゃいますが、これが国境だったら誰でもインスタしちゃうポイントになるし、県境だとしてもテレ東の番組ぐらいだったらワンシーンになるのですから、やっぱり境界線というのは魅力的なものなんでございます^^;

で・・・今回、そんな柏市の”くびれ”から
3大くびれポイントを選出してみました!

一応の選出基準として、明らかに地主さんの都合でカタチがややこしくなってると思われる市境は候補から除外し、道路や地形中心にポイントを選んでおります。

<柏市3大くびれポイント その1>
中新宿2丁目の柏のくびれ


「牧」の境目の関係か、谷部分だけが流山市に突出しているという【中新宿2丁目の”くびれ”】くびれの先には地図で見ると東京地下鉄宿舎がたっており、突出部の一部が流山市の向小金小学校校庭になってるという(柏市なのに)不思議な状態になっています。

小学校横の道路で柏市の幅を図りますと【約32m】
約50歩で通り抜けられる柏市です!



<柏市3大くびれポイント その2>
藤ケ谷の柏のくびれ

その2は、旧沼南町からのエントリー^^;
恐らく元は利水の関係で下手賀川川筋だけが柏市のまま延々と南に伸びるカタチとなっております。

クリーンセンター横あたりで柏市の幅を図りますと【約6m】
約8歩で通り抜けられる柏市です!



<柏市3大くびれポイント その3>
西原2丁目の柏のくびれ

ラストを飾るのは『牧開拓の軌跡』を色濃く残す、西原二丁目のくびれでございます。
ほとんど飛び地になりかけている西原(旧十余二)ですが、わずか数メートルの接続で結構な数の人々が飛び地住まいになることが避けられております。

ヨークマート東側交差点で図りますと【約17m】
約24歩で通り抜けられる柏市です!



如何でございましたでしょうか?
最大でも50歩あれば通り抜けられる
柏の3大くびれ!
今度の休日インスタネタにお薦めです^^;




にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 柏情報へ

<こんな記事も書いてます(。・_・。)>


<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>

0 件のコメント:

コメントを投稿

励みになりますので、ご意見・ご感想お待ちしております!